デパス(0.25mg・0.5mg・1mg)通販

デパスは通販なら医師の診察なしで買える

デパスは通常、精神科などでしかもらえない薬になっていますが、
海外輸入の通販サイトを利用する事で医師の診察なしでも購入する事ができます。

 

厚生労働省により有効成分「エチゾラム」「ゾピクロン」の向精神薬指定がされたことで、2016年10月14日以降は個人輸入でデパスなどの薬は購入できなくなりました。

 

デパスは気分をリラックスさせる薬で、主に不安や緊張を和らげる効果

不眠症の方の睡眠導入剤としても利用される田辺三菱製薬の薬です

 

デパスの優れた特徴としてその即効性と安全性の高さということがあげられます。比較的安全で即効性があり抗不安剤としてとても強く効果がはっきり出るので

 

精神神経科で神経症やうつ病で訪れる患者へ最も多く出されていたり
また例えば、手術の直前の緊張緩和などにも使用されたり。
肩こりも緩和してくれるので、処方を受けている方も多いお薬です。

 

精神科だけではなく内科などでもよく処方される「国民的薬」といってもいいくらい有名な薬ですね。

デパスの主な効果は?

精神安定・抗不安作用

不安や緊張感をやわらげて落ち着きます。女性の更年期障害によるイライラ感の緩和などにも処方例があります。

鎮静・催眠作用

興奮状態やイライラを沈めたり寝つきをよくします。抗不安薬で元々睡眠薬ではないのですが、その鎮静作用から睡眠薬代わりにも使われることが多々あります。

筋緊張緩和作用

筋肉の緊張やつっぱりをとる作用があります。そのため、頑固な肩こりや腰痛や緊張型の頭痛などにも応用されています。

抗うつ作用

デパスには抑うつ効果もあるため、うつ病における不安・緊張・睡眠障害にも利用できます。

 

デパスは抗不安薬の中では効能が強く作用時間が短いタイプです。
デパスの半減時間が6時間ですから、実際効いている時間は
大体4〜5時間程度になっています。

 

即効性は非常に高く飲んで10分〜30分位で効いてきます。
初めて使う人ならあっ効いてきたっていうのがすぐ実感できます

 

ずっと効果を維持していく為には薬を飲む回数がどうしても増えてしまいがち。
毎日頼ってしまうと飲む量も多くなってしまうので、必要な時には飲んで
不必要な時には飲まないといった風に使用する方が良いでしょう。

 

色々考えてしまって不安になってしまった時や
仕事やスピーチや発表会など緊張する場面で頓服として飲むようにしたり
パニック障害などで不安な外出をする前に飲むようにとか、

そういった場合の臨時的な対処として使用する方も多くいます。

 

中には極度のあがり症の方で仕事の面接の前に飲んで行ったら、
なにも緊張しないで落ち着いて応対ができて上手くいったなんて方もいます。

 

辛い時やしんどい時には、デパスを飲んで、少しでも楽になってください。どんな不安感や緊張感も飲めばすーっと楽になります。
乱用はせず必要な時に服用していけばとても力になってくれる薬です。辛い時も元気になり乗り越えて体調が改善されていきます。

デパスは通常、精神科などでしかもらえない薬になっていますが、
海外輸入の通販サイトを利用する事で医師の診察なしでも購入する事ができます。

 

厚生労働省により有効成分「エチゾラム」「ゾピクロン」の向精神薬指定がされたことで、2016年10月14日以降は個人輸入でデパスなどの薬は購入できなくなりました。

 

デパスの使い方(用法と用量)

デパスは1日に3mgまでが定めた用量になっています。用法用量は必ず守るようにしましょう。

神経症、うつ病の場合

通常、成人はデパスを1日3mgを3回に分けて経口服用する。(1mgを1日3回)

心身症、頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛の場合

通常、成人はデパスを1日1.5mgを3回に分けて経口服用する。(0.5mgを1日3回)

睡眠障害に用いる場合

通常、成人はデパスを1日1〜3mgを就寝前に1回経口服用する。

あとは上記にも書きましたが不安や緊張する場面の前に
0.5mgか1mgを1錠飲んでから挑むという風に頓服薬としての使い方が基本になります。

 

水やお湯などで服用するのが基本になっていますが、
咄嗟の時などは舌の下に錠剤を入れて溶かして服用する方法をすれば
口腔内の粘膜から直接吸収されるため、すぐに効果が現れます。

デパスの副作用は?

精神安定剤のデパスは、比較的に副作用が少ない薬として知られています。
重い副作用はデパスにはほとんどありません。

 

初期状態に見られる比較的多い副作用は眠気、倦怠感、脱力感などです。
催眠作用や筋弛緩作用があるので、その影響で眠気がでたり倦怠感や脱力感がでたり、ということが起こります。

 

これらは、さほど心配の要らない副作用ですが、
とくに高齢の人では、昼間からぼーっとしてしまったり、転倒につながったりする場合もあります。

 

ですから、デパスなど精神安定剤を服用する際には、
車の運転や危険な作業する時などはなるべく服用を控えたり、服用量を適切にコントロールする必要があります。

 

デパスを利用した方の口コミ・体験談

東京都在住Y.Hさん
デパスという抗不安剤がありますが、私はストレスを感じている時や不眠気味の時に服用しています。
服用歴は5年位になります。私は病院より頓服といって、

⇒体験談の続きを読んでみる

 

岩手県在住N.Iさん
偏頭痛持ちです。休日になると頭が痛くなり寝込んでしまいます。
まったく、せっかくの休日に頭痛で寝込んでしまうなんてなんてもったいないのでしょう。

⇒体験談の続きを読んでみる

 

埼玉県在住T.Hさん
どこも悪くないはずなのに立ちくらみがする、どこと無く落ち着かない気分が続く、
など自律神経がおかしくなったと思われるときに処方されることが多い薬です。

⇒体験談の続きを読んでみる

 

東京都在住S.Tさん
私は一時期、デパスを飲み続けていたことがありました。
抗不安剤として処方されて、落ち着かないときや、不安感を抱いた利した時に服用していましたが、

⇒体験談の続きを読んでみる

 

福岡県在住O.Sさん
私は仕事のストレスからか、10年ほど前から不眠症に悩まされています。
不眠に陥った当初は、「すぐに治るだろう」と簡単に考えていたのですが、

⇒体験談の続きを読んでみる

 

広島県在住Y.Tさん
もともと人付き合いが苦手であり、人と接するのに抵抗があります。
若い頃、自律神経のバランスを崩したことで、不眠症になりデパスを処方されたのがはじめでした。

⇒体験談の続きを読んでみる

 

北海道在住S.Wさん
お医者さんに診てもらったりしたときとか、薬局で購入したりとかで、
お薬を飲むことってよくありますよね。そう考えると、お薬ってすごく身近な存在ではないでしょうか?

⇒体験談の続きを読んでみる

 

神奈川県在住Y.Nさん
数年前に電車の中で急な不安感、動悸に襲われ、そのまま過呼吸になってしまいました。
電車の中で倒れこんでしまい、そのまま救急車で運ばれました。

⇒体験談の続きを読んでみる

 

神奈川県在住M.Mさん
私は10年ほど前から、精神的に不安定なことがあり、心療内科を通院しています。
今まで色々な薬を内服してきましたが、現在はデパスを他の薬と組み合わせて内服しています。

⇒体験談の続きを読んでみる

 

愛知県在住S.Yさん
医者からも注意され、絶対にしてはいけないとわかっていても
大丈夫だろうとやってしまうことってあると思うんです。そのひとつが飲酒かと思います。

⇒体験談の続きを読んでみる

 

デパスは通常、精神科などでしかもらえない薬になっていますが、
海外輸入の通販サイトを利用する事で医師の診察なしでも購入する事ができます。

 

厚生労働省により有効成分「エチゾラム」「ゾピクロン」の向精神薬指定がされたことで、2016年10月14日以降は個人輸入でデパスなどの薬は購入できなくなりました。