デパスとはどんなお薬?

デパスとはどんなお薬?

デパスは、不安、緊張、焦燥、抑うつといった
精神症状を改善する抗不安作用をもつお薬です。

 

主に、神経症の不安神経症、強迫神経症、心気症、離人症、解離性障害、うつ状態など、
または心身症、自立神経失調症、更年期障害、腰痛症、頸肩腕症候群などで起こる
精神的な不安、緊張、焦燥、うつ状態、睡眠障害の治療に使われます。

 

また、手術前後の麻酔をする前などの不安や緊張を和らげるために使用することもあります。

 

注意点として、クロキソザラムやクロチアゼパム、クロルジアゼポキシド、エスタゾラム、ジアゼパム等は
同じような効果を持っているため、過度の鎮静や呼吸困難が起こってしまう可能性があるので、
これらとの併用は避ける必要があります。

 

副作用は、眠気、ふらつき、倦怠感、脱力感、めまい、歩行失調、頭痛、言語障害、口の渇き、吐き気、過敏症、肝機能障害
などが起こる可能性があります。重大な副作用というものは特になく
比較的安全に使える抗不安薬になっています。

 

また常に常用している場合、服薬を中止したり、服用量を急激に減らすなどすると、
せん妄や振戦、不眠、不安、幻覚、妄想などが現れることがあるので、
指示された用法、容量を守ることが大切です。

 

薬を止める際には、時間をかけて少しずつ服薬量を減らしていくことが必要です。
まれに、長期間にわたって大量に使用すると薬の使用が止められなくなる薬物依存に陥ることもあります。

 

眠気や注意力低下も起こるため、車の運転などは避けるようにしましょう。
そして、薬の使用中はできるだけ禁酒しなければなりません。