デパスの口コミ・体験談7

デパスの口コミ・体験談7

北海道在住S.Wさん

 

お医者さんに診てもらったりしたときとか、薬局で購入したりとかで、
お薬を飲むことってよくありますよね。そう考えると、お薬ってすごく身近な存在ではないでしょうか?

 

でも、そんな身近なお薬のことでも、知らないことって意外とたくさんあると思いませんか?
実は最近、ある薬についてちょっと調べる機会があったので紹介しますね。

 

その薬の名前は、「デパス」と言います。どうして調べることになったのかと言いますと、
うちの母に処方されて、私は初めて聞いたお薬の名前だったものですから、ちょっと調べてみたんです。
実はうちの母は入院していて、眠れないとずっと言っていたので、デパスを処方してもらったようなんです。

 

デパスというお薬がどんなお薬なのかと言いますと、一言で言うと「抗不安薬」の一種です。
不安を和らげたり緊張をほぐしたりしてくれるお薬なんです。

 

うちの母の場合はある病気を抱えていて、もしかしたら手術をすることになるかもしれないんですけれども、
病気に対する不安と慣れない病院暮らしということもあって、眠れなかったようなんですよ。

 

それで、デパスを処方してもらったというわけなんです。
このデパスのお陰で、うちの母も眠れるなり、病気と闘う元気がわいて来たようで、ちょっと安心しています。

 

ただお医者さんに聞いたところによると、このデパスというお薬は、
自分の判断で急にやめてしまうと、ちょっと怖いことになるんだそうです。
たとえば、幻覚や妄想などがあらわれることもあるそうですよ。

 

うちの母の場合は、入院していてお医者さんにお世話になっているから大丈夫だとは思いますが、
うつ病や不眠症などで通院している人は、気をつけたほうがいいかもしれませんね。