抵抗感を持つ薬ではない

抵抗感を持つ薬ではない

利用したことがない人からしてみれば、なんとなく不安があるものかも知れませんが、
デパスは非常にポピュラーなお薬です。気持ちを楽にする薬、とよく言われます。

 

抗不安薬というのは、精神科や心療内科など心の病気にたいして処方されることが多く、
そのことが何も知らない人には抵抗があるかもしれません。

 

しかし、普通の内科でもずいぶん出されている薬です。
また、周囲に飲んでいる人などいない、と思っていても実は結構いるいるはずです。

 

自分で抗不安薬とか精神安定剤を飲んでるなんて周りにカミングアウトする人はほとんどいないから
勘違いするかもしれませんが、本当によく使われているポピュラーな薬です。

 

精神安定剤よか睡眠薬などという言い方をする人もいます。
実際、春先に体調がふわふわしているようだとか、
純粋に寝つきが悪くて朝方まで眠れない、などという理由でも簡単に処方されます。

 

効き方は人それぞれのようですが、諸方範囲内で一回一錠であるとか三錠であるとか、
飲みなれてくると自分で調節できます。半分に噛んで割って、その分だけ飲む、というケースもあります。
ただ処方の範囲をこえる場合は他のお薬を検討してもらったほうがいいと思います。

 

気軽に使いやすい薬ではあるものの、やはり注意すべきは眠気です。
車など乗り物の運転にはかなり注意した方がいいです。またこの手の薬につきものの依存性については、

 

このお薬は低いといわれているものの、やはり飲んだ感覚など含めて、
お医者さんと相談した方がいいと思われます。